保険





スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop↑






生命保険の見直しのポイント
カテゴリ: ライフプラン
また、保険料の支払いが家計に響いているという世帯もあるでしょう。
そこで、生命保険の見直しのポイントを考えていきたいと思います。

生命保険には病気やケガなどに備える医療保険や傷害保険、さらには死亡保障というものもあります。

死亡保障というのは、文字通り自分が死んだ際に支払われる保障のことですが、残された家族を困らせないために入るものですが、本当にそれほどの額が必要かどうかを改めて見直してみると、意外にそこまで困らないというケースもあります。

たとえば一家の大黒柱で、世帯主でもある夫がなくなった場合、まず遺族年金が支払われます。
原則として、18歳未満の子がひとりいる妻に対して、年間102万円程度の遺族基礎年金が出ます。
ふたりの場合は、年間125万円ほどです。
さらに夫が厚生年金加入者ならば、年収の10%前後の遺族厚生年金が毎年受け取れることになっています。

また、住宅ローンを組んだ際に団体信用生命保険に加入していれば、夫の死によりローンの返済もなくなりますので、なおのこと死亡保障の必要性は少なくなります。

お金はあって困るものではありませんが、それほど必要でない死亡保障のために高い保険料を払い続けるのは、十分に見直しのポイントになります。
もし自分が死んだとして、家族が金銭的にどのくらい困るのかをよく考え、死亡保障の必要性を見直してみると良いでしょう。

スポンサーサイト

PageTop↑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。