保険





スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop↑






ライフステージごとの保険選びのポイント
カテゴリ: 生命保険
人生を生きていくにあたり、独身時代、結婚したとき、子どもが生まれたとき、住宅を購入したとき、退職したとき等、ライフステージはさまざまな変化をしていきます。
保険で最適な保障を保ち続けるためには、ライフステージの変化に合わせて保障内容や保障額の見直しをしていく必要があります。

死亡したときにもらえる死亡保障。
死亡保障は残された家族の生活費や住居費、子どもの学費負担に備えるために加入します。
結婚・子ども・住宅の有無、子どもの数や残された人生の年数によって必要な保障額は大きく変わってきます。
また、ライフステージが変化しても変わらない物もあります。
葬儀資金といった死後整理資金を目的とする終身保険や、入院費の備えとして加入する医療保険、がんへの備えとして加入するがん保険はライフステージの変化により家族の形や年齢が変わっても、変わらずに必要な保障になります。

ライフステージごとの保険

独身時代
生きている間の保障として入院やがんに備える医療保険やがん保険への加入を検討。
特別な事情がない限り、大きな死亡保障は必要がない可能性もあり。
収入に余裕があれば、個人年金保険による老後資金への備えを検討。

結婚したとき
共働きの場合は生きている間の病気への備えとしてお互いに医療保険やがん保険を検討。
奥様が専業主婦の場合はご主人の万が一の場合に備え、奥様のその後の生活を補うための死亡保障を検討。

子どもが生まれたとき
死亡保障について一番検討しなければならない時期。
万一があった場合に残されたお子様、奥様のため、死亡保障についてしっかりと準備。
併せてお子様の教育費のための学資保険も検討。

住宅を購入したとき
住宅ローン債務者に万一があった場合、団信に加入していれば住居費負担がなくなる。
死亡保障を減らせる可能性があるので見直しを検討。

定年退職したとき
既にお子様が独立されているのであれば、葬式代に備える死亡保障と老後の医療負担に備える医療保険やがん保険について検討。



保険は加入するときも大事ですが、それを管理していくことの方がもっと大事です。
常に最適な保障内容に調整することでより効率的で安心した保険となります。
ライフステージに変化があったら、是非保険の見直しを検討してみてください。



スポンサーサイト

PageTop↑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。