保険





スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop↑






ネット保険の落とし穴|ネット生保のデメリット
カテゴリ: 生命保険
ネット保険が安いという思い込みはネット保険の落とし穴

通販型保険やネット型保険は、人件費や店舗費を押さえているため割安ということで、人気があります。
確かに安いですが、他の保険を何も調べずにこれだけ見て安いと判断するのは要注意です。
なかにはネット型保険よりも安い保険もあります。ネット型保険を検討するときは、同時にほかの保険会社でも保険料の比較をしてみたほうが良いかもしれません。
また、ネット型保険の場合、詳しい説明を聞くことなく加入してしまうというデメリットもあります。
自分にあったアドバイスをもらえないので、保険の知識のない人にはあまりおすすめできません。

ネット上で契約者自身に選んでもらうネット生保では、複雑で理解しにくい商品や、誤解を与えやすい商品は扱いづらい面があります。
このため商品種類もまだ数が少なく、世の中の様々なご家族が求める保険設計の全てをネット生保の商品のみで対応することは難しいといえます。

例えば、終身保険や学資保険、年金保険などのような、貯蓄型の保険は現在のネット保険にはありませんので、これらの保険を検討したい方は、その他の保険会社の扱う保険商品を検討するしかありません。

現在、ネット保険会社が扱う保険商品は定期保険・収入保障保険・定期医療保険・終身医療保険・就業不能保険しかありません。様々な特約を望む方や、豊富な保険商品から選択したい方に「ネット保険は向いていない場合があるということです。

ネクスティア生命保険、ライフネット生命保険には、養老保険、終身保険、個人年金保険等の積立型の生命保険がありません。
積立や資産運用など、運用重視の保険の場合には保険契約に関するリスクの説明等を十分に行わなければならないため、ネット保険には不向きな保険商品といえそうです。

ネット保険での加入の場合、誰もアドバイスをしてもらえない状況で、契約をしなければなりません。
事前に自分で納得のいくレベルまでインターネットや生命保険選びの専門書を見ながら基本知識を身につけなければ最終決断することが難しいと思われます。
なかなか決断できない方など、自分で決めきれない人にはネット保険は不向きかもしれません。


スポンサーサイト

PageTop↑






生命保険の加入方法
カテゴリ: 生命保険
比較的最近になって発展してきた生命保険加入ルート


来店型ショップ
繁華街やデパートの一角、もしくは住宅地の中など様々な場所で保険専門の来店型ショップを見かけるようになりました。
一社専属のところもあれば複数の保険会社を取り扱うところもあります。
来店型ショップの魅力は相談したいときに気軽に相談に行ける環境でしょう。
ただ相談にのってくれるコンサルタントの相談スキルが高い保証はなく、こちらについても誰に相談するかがポイントになりそうです。

通信販売
新聞・雑誌やインターネット、電話セールスを受けるなどで資料請求をして生命保険に申込みする方法です。
特に店舗や事務所に訪問したり、営業マンに会ったりする必要がない気軽さがメリットでしょう。
反面、保険加入の判断全てを自分で行うため、保険のプロのコンサルティングを受けたものと比べ、必ずしもその方にマッチした保険になるとは限りません。
また加入はしたものの保障内容を理解されていない方も多く、商品知識に長けている方か、自己責任が取れる方におすすめです。

インターネット生保
一昔前はネットで買い物をするのも不安が多かったと思いますが、インターネットが発達した現在、保険加入もインターネットで簡単かつ手軽に申込みできるようになりました。
申込み手続きについてもパソコンのみならず携帯電話やスマートフォンで手続きができる手軽さも魅力です。
手軽な反面、自分でどの保険に申込みするかを決めなければならない自己責任が伴うのも忘れてはなりません。
またインターネット生保は保険料が安いイメージがありますが、解約返戻金の有無や配当金の有無によっても保険料が変わりますのでご注意下さい。



PageTop↑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。