保険





スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop↑






キャッシングとは
カテゴリ: キャッシング
みなさんは、キャッシングをしたことがありますか?
クレジットカードなどをよく利用する方でしたら、キャッシング機能を使ったことがある方も多いでしょう。
キャッシングとは、クレジット会社などの金融機関が提供しているサービスのひとつです。
簡単に言えば「現金を貸してくれる」サービスなのです。
現在は、多くの金融機関がキャッシングを行なっていますから、使いかってや利息などを比較して選ぶことが出来ます。
これは、借金をすることになるのですから、気軽にキャッシングをせず、どこで借りるかきちんと比較検討して、計画的に使って欲しいサービスです。

キャッシングの場合、通常、ATMなどの現金自動支払機で比較的、簡単にお金を引き出すことも出来ますし、窓口で現金を受け取ることも出来ます。
また、希望する口座にお金を振り込んでくれるサービスもあります。
このように、所謂、小口金融をキャッシングと呼んでいます。
個人向けにお金を貸すサービスがキャッシングであり、これは、法人に融資するサービスとは違います。
法人ですと、お金の利用目的なども申請しなければなりませんが、個人融資の場合、お金を何に使おうと自由なのです。
目的は自由ですが、融資してくれる金額には、もちろん上限があり、クレジットカードなどをお持ちの方は、いくらまでのキャッシングなのか、カードが発行された時点ですでに決まっています。
収入によって限度額がそれぞれ違いますので、専業主婦の方などは低く設定されているケースが多いです。

プロミスプロミス申し込みキャッシング
即日お金を借りるプロミスのキャッシング即日融資今すぐキャッシング




スポンサーサイト

PageTop↑






学資保険の比較のポイント
カテゴリ: 学資保険
子どもの教育費を確保するために加入する人が多い学資保険ですが、孫のために祖父母が加入するケースも少なくありません。
しかし、学資保険の加入条件は一般の保険と同じように年齢制限があります。

祖父母が学資保険を契約する場合、孫が小学校に入るのを待つのではなく、生まれた時から学資保険に加入するとよいでしょう。
ある程度の年齢になったなら、契約者を両親に変更するのです。

また、実際には契約者は両親であっても、実質的な支払いを祖父母がするケースもあります。
学資保険は貯蓄としての意味合いが強いのですが、保険ですから契約者の死亡などによって支払いができなくなっても、一時金などの教育費を確保することができる保険です。
この点が通常の保険と大きく異なるところになります。
病気や事故になった場合に、どのような保証をするかということよりも、子どもを育てるための費用を守ることが目的なのです。

学資保険を比較する場合のポイントですが、どのような点を注意しておけばよいかというと、一時金としていくらもらうことができるかということです。
子どもが病気になった時でも入院費などが支払われますが、これは誰も期待していません。
それよりも学費が必要となった年齢で祝い金をもらうことが大事なのです。

掛け金に対していくらの一時金化によってランキングが作られているケースが多いようなので、比較してみるとよいでしょう。
人気がある学資保険とは、金額が高いだけなのです。
保険としての保証内容はどの保険会社も大きな差はありません。
通常の貯金をするよりも学資保険の方が有利な場合も多くあります。



PageTop↑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。