保険





スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop↑






生命保険の見直しのポイント
カテゴリ: ライフプラン
また、保険料の支払いが家計に響いているという世帯もあるでしょう。
そこで、生命保険の見直しのポイントを考えていきたいと思います。

生命保険には病気やケガなどに備える医療保険や傷害保険、さらには死亡保障というものもあります。

死亡保障というのは、文字通り自分が死んだ際に支払われる保障のことですが、残された家族を困らせないために入るものですが、本当にそれほどの額が必要かどうかを改めて見直してみると、意外にそこまで困らないというケースもあります。

たとえば一家の大黒柱で、世帯主でもある夫がなくなった場合、まず遺族年金が支払われます。
原則として、18歳未満の子がひとりいる妻に対して、年間102万円程度の遺族基礎年金が出ます。
ふたりの場合は、年間125万円ほどです。
さらに夫が厚生年金加入者ならば、年収の10%前後の遺族厚生年金が毎年受け取れることになっています。

また、住宅ローンを組んだ際に団体信用生命保険に加入していれば、夫の死によりローンの返済もなくなりますので、なおのこと死亡保障の必要性は少なくなります。

お金はあって困るものではありませんが、それほど必要でない死亡保障のために高い保険料を払い続けるのは、十分に見直しのポイントになります。
もし自分が死んだとして、家族が金銭的にどのくらい困るのかをよく考え、死亡保障の必要性を見直してみると良いでしょう。

スポンサーサイト

PageTop↑






住宅ローンの金利と住宅ローンの借り換えについて
カテゴリ: 住宅ローン
住宅ローンを借りる時には金利をしっかり確認することが大切ですが、その時点での金利だけではなく、これまでの推移も見なければなりません。
過去のデータからこれからの金利の変化をある程度予想するのです。
もちろん、予想が確実に当たるわけではありませんが、金利が上昇した時に支払いがどう変化するかを知っておくことは大切です。

住宅ローンの金利には大きく2種類があります。
それは固定金利と変動金利です。

固定金利は支払い額が確定している住宅ローンですが変動金利はその時の経済状況に応じて金利が変化します。
したがって、月々の支払い額が変化することになります。
どちらを選ぶかは、契約者であるあなたが決めなければなりません。

10年後の経済状況を予想できる人はいませんから、10年後に住宅ローンの見直しをしましょう。
それが住宅ローンの借り換えです。
借り換えは自分のローンよりも有利な商品が出てきた時に別の銀行に乗り換えることです。
金利が安いことは当然ですが、手数料や保証料も考慮しておきましょう。
トータルでメリットがなければ意味がないからです。

将来の収入増を当てにして、住宅ローンを組んでいる人も少なくありません。
しかし、リストラなどによって全く予想していなかった人生になる可能性もあります。
そこまで考えて返済計画を立てることがベストです。
現在の金利が低いと感じている人は少なくありませんが、現在よりも下がることはありませんから、将来は上昇することも視野に入れておきましょう。



PageTop↑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。