保険





スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop↑






結婚を機に保険を見直す
カテゴリ: 生命保険
人生の大きなイベントのひとつに結婚があります。
ふたりで生活することになれば、マイホームをどうするか、子どもを持つのはいつ頃がいいか、また何人がいいかなどなど、考えるべきことがいろいろと増えてきます。
その中のひとつとして、保険も見直しすべきポイントのひとつです。
独身の頃に入った保険の保障だと、万が一のときに保障が足りなくなってしまうことも起こり得ます。

結婚した後で自分が亡くなった場合、当然、残されることになる家族のことを考えなければなりません。
自営業なのかサラリーマンなのか、または遺族が働いているかどうか、子どもがいるかどうか、貯金がどのくらいあるのかなどなど、いろいろな条件によって必要な保障内容も異なってきます。

保険見直しのポイントは、まず適切な必要保障額を知ることです。
たとえば、夫が亡くなった場合を考えてみます。
残された家族が生活していくために必要な金額から、個人の蓄えや配偶者の収入、さらに遺族年金や企業年金などを引きます。
それらを引いて残った金額が生命保険として必要な額となります。

保険料が安いからといって、いざ支払われる保障が足りていなければ後悔することにもなりかねません。
そのあたりもじっくりと見直す必要があります。

また、独身のときに入った保険は、死亡保障の受取人が親のままになっていることもあるので注意が必要です。
いざというときのために、必ず受取人の名義を配偶者に変更しておくことを忘れないようにしましょう。


スポンサーサイト

PageTop↑






ソニーの学資保険
カテゴリ: 学資保険
学資保険には大きく分けて二つの考え方があります。
一つは貯蓄型であり、どれだけの戻り金があるかが選択の基準となります。
それから、もう一つは保障型で、いざと言う時の保障を重視します。
どちらを選ぶかは、子どもに対する契約者の考え方によります。
学資保険を選ぶ時には、そこのところを明確にしておくことが大切です。


ソニー生命の学資保険

ソニー生命の学資保険は貯蓄型の学資保険です。
契約数100万件と言う数字は人気の高さを示しているでしょう。
払い込んだ保険料よりも受け取る額が多くなるのは当たり前ですが、どのような受け取り方をするかを自由に選べる点が大きなメリットと言えます。
学資保険は一時金を受け取ることができますが、その時期を自分で選ぶことができます。

1型、2型があります。
1型は満期時、中学入学、高校入学、大学入学と学費が必要となるタイミングで一時金を受け取ることができます。
2型は満期時に受け取るタイプです。
満期年齢を決めておくことができ、17歳、18歳で契約すれば満期時に全額が支払われます。
20歳、22歳満期で契約すると、大学進学時と満期時に学資金を受け取ることができます。
また、保険料の支払い方法も選ぶことができます。
月払い、半年払い、年払い、一時払いです。
子どもの学資として、提供する場合は一時払いなどがいいでしょう。


PageTop↑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。