保険





スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop↑






収入があって子どもがいる人に必要な保険とは
カテゴリ: 生命保険
収入があって結婚してお子さんがいる人は、自分に万が一のことがあったことを考えて死亡保障を準備しておくべきです。

まず必要となるのは、子どもが大学、または高校を卒業するまでの学費と養育費です。
幼稚園から大学卒業までにかかる学費は、すべてが国公立ならば約1,100万円、すべてが私立ならば約2,000万円かかるといわれています。
そこに食費や衣服費などの養育費が1,600万円ほどかかり、それらを合わせた金額が必要となります。

死亡保障保険

生命保険の見直しポイントは、自分が亡くなったときに、先ほど挙げた額が十分に用意できるかどうかにあります。
今入っている保険を見直してみて、十分な死亡保障がついているかどうかを確認してみましょう。
もし足りない場合は、新たに別な保険に入ったり、乗り換えたりする必要が出てきます。

ただ、自分ひとりで必要な補償額を計算するというのは、決して簡単な作業ではありません。
遺族年金がどのくらいの額支払われるかなど、知っている人はほとんどいないでしょう。

そういう場合に頼りになるのは、ファイナンシャルプランナーの存在です。
ファイナンシャルプランナーに相談すれば、自分にどのような保険や保障が必要で、逆にそれほど必要ではないのかも明らかにしてくれます。
さらに、どの保険商品を組み合わせれば良いのかアドバイスを受けることができるのもポイントが高いです。
保険は知らないままに入っていると損をしてしまうことも十分にあり得ます。
もし自信がない場合は、一度ファイナンシャルプランナーに相談してみることをお勧めします。


スポンサーサイト

PageTop↑






保険見直しの無料相談
カテゴリ: 生命保険
現在の保険が自分に本当に合っているかどうかは、素人目にはなかなか分かりづらいものです。
保障の種類も多種多様にありますし、慣れない用語がたくさん出てくると混乱してくる場合もあるでしょう。

だからといって、何となくの理由で保険に入っても、のちのち後悔する可能性が出てきます。
自分に必要な保障を把握しないまま保険に入るのは、サイズも見ないで服を買うようなもので、失敗する可能性も高くなります。

保険見直しの無料相談

見直しのポイントはいくつかありますが、今入っている保険会社に見直しの依頼をすることはあまりお勧めしません。
保険を売る側は、当然のことながら自分の営業成績のことを考えてこちらに提案をしてきます。
新しい保険に乗り換えてもらって、自分の成績を伸ばそうと考えているところへ相談を持ちかければ、手数料が高いプランに変更させられるかもしれません。
そうすると、せっかく自分に合った、より安い保険に入る見直しの機会を失ってしまいます。

そうは言っても、自分ひとりですべてを確認するのは至難の業です。
ひとつひとつ調べながら確認する作業も簡単なものではありません。

そこでお勧めなのが、ファイナンシャルプランナーに相談をすることです。
ファイナンシャルプランナーならば、どこか特定の保険会社に偏ることなく、あなたに必要な保障を複数の保険会社から選んでくれます。
これはかなり高い専門性が必要ですので、なかなか自分ひとりで行うことは難しいことです。
しかも、ポイントはこのような相談は無料で行ってくれるところです。
せっかく無料なのですから、相談しない手はありません。



PageTop↑






学資保険とは
カテゴリ: 学資保険
学資保険は子ども保険とも呼ばれていますが、通常の保険と違うところはどこでしょうか。
それを知ることで、学資保険のメリットがわかります。

子どもの将来の学費を確保するために、毎月積み立てをしておくことが学資保険の主な目的です。
もちろん、保険ですから、契約者に万が一のことがあっても、学資は確保されることになります。
また、子どもの方に万が一のことがあっても、給付金が出る学資保険もあります。
自分がどのような目的で保険に加入するかを考えてみましょう。

親が子どものために契約する場合もありますが、孫のために学資保険を考える人も少なくありません。
孫が生まれる前から、契約をすることも可能です。
親への贈与の意味で学資保険の契約をすることもいいのではないでしょうか。
贈与税は年間110万円までは非課税です。
毎年、贈与しておけば、贈与税を支払わなくて済むのです。
自分に資金的余裕があれば、老後の資金を除いて、学資保険に充てることも考えてみましょう。

学資保険の始まりは郵便局です。
当時は郵便局だけが学資保険を取り扱っていたのです。
もちろん、今は多くの保険会社が学資保険を商品化しています。
それぞれの企業の特徴を加えて魅力的な商品として販売しているのです。
学資保険に加入する時には、その目的を明確にしておくことが大切です。
その上で、毎月の支払額などを決めましょう。
学費が必要となった時点で、費用をねん出することは難しいですから、少しずつ貯めることが大切です。


PageTop↑






遺される家族のために生命保険は考える
カテゴリ: 生命保険
独身のときと、結婚した場合では、必要な保険内容も異なってきます。
万が一自分の身に何かあった場合に、家族が経済的に困らない額の保障を生命保険で確保する必要があります。

自分が亡くなった場合に必要になる費用は、葬儀費用や死後の整理資金です。
さらに、家族が半年ほどは生活できる生活費も残しておくと良いでしょう。
そう考えると、500万から1,000万円ほどの保障が必要となります。

保険会社の営業の人に、結婚して責任も大きくなったのだから5,000万円くらいの保険に入っていた方がいいと言われることがありますが、一般的にそこまで高額の保障は必要ありません。
そのくらいの保障になると、毎月支払わなければならない保険料の金額も当然上がってしまいます。
むしろ、そのお金は医療保障などに回した方が賢明です。

保険の見直しの際に、チェックするポイントはいろいろとあります。
たとえば、独身時代に養老保険に加入した人がいると思います。
養老保険は保障期間が一定であり、終身保険や定期保険と比べても金額は最も割高になります。
期限が切れてしまえばそれ以降の保障がなくなってしまうため、結婚生活を守るものとは言い難いでしょう。

また、定期保険特約付終身保険という保険もありますが、こちらは名前とは裏腹に、終身保険はあまりつきません。
こちらも十分見直しの余地があると言えます。

保険を見直すポイントはたくさんあり、自分ひとりで考えるのはなかなか困難です。
そのような場合、ファイナンシャルプランナーに無料保険相談をしてみるのも良いかもしれません。


PageTop↑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。