保険





スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop↑






生命保険の更新制度に注意
カテゴリ: 生命保険
生命保険に加入してから10年、15年経ち、更新時には、他の保険に入り直さない人も多いです。
結果的に同じ保険を続けていれば、必然的に保険料が高くなってしまう種類が、生命保険の更新型タイプです。
それに対して、全期型ですと、最初の10年や15年の保険料は、前に説明しました更新型と比べて高くなっています。

ですが、メリットとして、保険料はずっと一定で、年齢が上がっても保険料は同じです。
もし、更新型タイプに入り、終身保険の払込期間終了まで、ずっと更新し続けた人がいたとしたら、全期型の人より、総合的な支払額がかなり高くなると言えるでしょう。

年齢が上がっても、同じ死亡保険金額を維持したいと思えば、極端な話、20年後、30年後は、月々の保険料が倍近くまで上がるかもしれません。
このようなことを加入時によく考えないで契約してしまう人が増えています。
ですから、生命保険の種類や特約のことを勉強することも良いですが、更新制度についてもきちんと知っておくべきだと思うのです。

保険料を上げたくないのなら、死亡保障を減らすしかありませんが、そのような訂正を行なったとしても、若いときの保険料より上がってしまうことは必然です。
特に、若い方でこれから保険に入ろうと思っている方は、よく考えて加入しないと、将来的に保険料の支払いがきつくなってしまうでしょう。

死亡保障が欲しいのなら、安い掛け捨てなども考慮しながら、数社の生命保険会社の商品も比べてみると良いでしょう。
保険料の支払いが苦しくなりそうなら、最初から掛け捨てなどの安い種類も検討してみてください。
スポンサーサイト

PageTop↑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。