保険





スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop↑






遺される家族のために生命保険は考える
カテゴリ: 生命保険
独身のときと、結婚した場合では、必要な保険内容も異なってきます。
万が一自分の身に何かあった場合に、家族が経済的に困らない額の保障を生命保険で確保する必要があります。

自分が亡くなった場合に必要になる費用は、葬儀費用や死後の整理資金です。
さらに、家族が半年ほどは生活できる生活費も残しておくと良いでしょう。
そう考えると、500万から1,000万円ほどの保障が必要となります。

保険会社の営業の人に、結婚して責任も大きくなったのだから5,000万円くらいの保険に入っていた方がいいと言われることがありますが、一般的にそこまで高額の保障は必要ありません。
そのくらいの保障になると、毎月支払わなければならない保険料の金額も当然上がってしまいます。
むしろ、そのお金は医療保障などに回した方が賢明です。

保険の見直しの際に、チェックするポイントはいろいろとあります。
たとえば、独身時代に養老保険に加入した人がいると思います。
養老保険は保障期間が一定であり、終身保険や定期保険と比べても金額は最も割高になります。
期限が切れてしまえばそれ以降の保障がなくなってしまうため、結婚生活を守るものとは言い難いでしょう。

また、定期保険特約付終身保険という保険もありますが、こちらは名前とは裏腹に、終身保険はあまりつきません。
こちらも十分見直しの余地があると言えます。

保険を見直すポイントはたくさんあり、自分ひとりで考えるのはなかなか困難です。
そのような場合、ファイナンシャルプランナーに無料保険相談をしてみるのも良いかもしれません。


PageTop↑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。