保険





スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop↑






ライフプランで積立計画を立てましょう
カテゴリ: ライフプラン
ライフイベントごとにどのくらいお金が必要か考えましょう

これからの人生でかかるお金について、漠然と不安に思う人も、なんとなく大丈夫だろうと思う人も、本当に大丈夫かどうか判断する材料としてライフプランを立ててみましょう。
ライフプランとは、将来起こるイベントを予想してあらかじめ計画を立てることをいいます。

ライフプランを立てるにあたっては、3つのステップで考えるといいのではないでしょうか。

ステップ1として、将来のライフイベントをリストアップし、「いつ頃までに」と「どのくらい必要か」を決めます。

ステップ2では、それらの「資金をどうやって準備するか」を考えます。
通常、まとまった資金を準備する場合、期間を設定して積み立てていくことになります。

ステップ3では「積立計画が実現可能か」を考えます。
住宅取得や教育資金の準備によって、積立額が大幅にアップする場合など、もし難しそうだと思ったら、計画の調整を行います。
たとえば、住宅資金の積立期間を5年ではなく10年にする。あるいは住宅購入はせず、賃貸で暮らしていく などといった具合です。


毎年の積立額が実現可能かどうか確認しましょう

実際は、月々の生活費などの定期的な費用と、車の買い替えなどの一時的な費用を含めた支出の合計と、これからの収入を予測して積立可能額を出すことになります。
つまり、毎年の収入から支出を引いたものが積立可能額となります。

また、会社員の場合、忘れてならないイベントに「退職」があります。
退職までに老後資金を準備しておくことが大切です。
老後の生活に影響が出ないように、あらかじめ積立計画にいれておきたいものです。



PageTop↑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。