保険





スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop↑






がん保険とは「がんのみを対象として保障する保険
カテゴリ: がん保険
がん保険とは、原則として「がん(癌)」のみを対象として保障する保険です。
一般的には、以下の4つが主な保障となっており、闘病資金をまかなうことができる保険です。

がんと診断されたときに給付される診断給付金
がん治療のために入院されたときに給付される入院給付金
がんで所定の手術をされたときに給付される手術給付金
抗がん剤などで通院のされたときに通院給付金

平成18年6月に成立された「がん対策基本法」において、がん患者さんの意向が治療方針に反映されるようになりました。
その結果、がんの治療は患者さんそれぞれの環境や価値観などが盛り込まれるようになり、治療法も多岐にわたるようになり、がん保険も多様化してきています。

保険商品によって、保障内容が異なるため、ご自身の希望するがん保険を選ぶには、まず「どの保障が必要なのか」を明確にしましょう。


入院給付金に制限がない
医療保険では、入院した場合でも「1回の入院限度日数」と「通算限度日数」により入院給付金の支払日数に制限があります。
そのため、同じ病気で入退院を繰り返した場合、退院から所定の日数(180日など)が経過していないと「1回の入院」とみなされてしまい、入院給付金が出ない場合がありました。
ですが、がんは入退院を繰り返すことが多い病気ですので、がん保険では入院給付金の支払限度日数に制限がありません。


がん保険と医療保険の違い

医療保険でも、がんは保障されるか
「医療保険に加入しているからがん保険は検討してない」という声を耳にします。
おっしゃるとおり、医療保険に加入していれば、がんも給付対象になります。
しかし医療保険だけで十分ながんの保障となりうるのかというと微妙です。
がんは入退院を繰り返すことが多い病気ですので、がん保険では「入院給付金の支払限度日数に制限がない」ところが医療保険と大きく異なります。

がん保険は、がんの保障に特化
がん保険はがんを治療するため特化した保障内容になっています。
再発などで治療期間が長期化したり、入院を最小限にとどめて通院にて抗がん剤治療や放射線治療を施すようながん治療には、医療保険では対応しきれなくなってきていることは否めません。
「がん」がどうしても心配という方は、医療保険だけではなく、がん保険も併せて検討してみてはいかがでしょうか。

加入して一定期間は保障されない
一般的にがん保険は、契約後、3ヶ月(保険会社によって異なる)は、がんになっても保障が受けられません。
これは、具合が悪くなった人や自身でしこりを発見した人が、病院に行く前に「これは癌かもしれない!」と考え、駆け込み加入することを防ぐためです。



PageTop↑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。