保険





スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop↑






死亡と長生き、まとめて備える保険
カテゴリ: 生命保険
何かと出費がかさむ40代は、大黒柱である夫の死亡など不慮の災難まで視野に入れて家計を考える必要があります。
その一方で、夫婦が長生きして幸せな老後を過ごすための蓄えは、40代の頃から少しずつでも作っておきたいものです。
どちらも備えをおろそかにすると、大きなリスク要因となります。
これら2つのリスクに対して、実は1種類の保険で対応できることをご存じでしょうか。

40代は子供の教育費や住宅ローンを払いつつも、そろそろ自分の老後も気になってくる。
この時期、短期的な家計のやりくりだけでなく、上手に老後資金を作り始めることができれば、50代になってからあわてずにすみます。
子供に住宅に、支出が多い40代が、同時進行で長期的な資産形成をするには、どうしたらよいでしょうか。

40代の家計の長期的な推移を、想定してみると、家族構成として、夫は40歳で年収が税込み800万円(手取り612万円)、妻は38歳でパート勤務(年収は手取り100万円)、子供は2人で13歳と10歳と想定。
生活費や教育費、住宅ローンや保険料など、各種の出費は、同じ年収層の平均値と想定した場合の結果、第1子の高校入学から大学卒業までの時期と第2子の中学入学から大学入学までの時期は子供の学費などの出費がかさみ、家計は楽ではないという試算結果になります。
夫の年収が額面800万円と比較的高かったとしても、40代を漫然と過ごしていると老後資金はたまらないということです。


死亡リスク 長生きリスク 2つのリスクに備える保険

上手に保険を選べば、死亡リスクと長生きリスク、2つのリスクに備えることは可能です。
保険を切り詰めて掛け捨ての死亡保障だけにするより、貯蓄効果も狙える保険を見つける方が賢いやり方になります。

低払い戻し金型定期保険を活用すれば、保障性と貯蓄性、ダブルの効果を得ることが期待できます。
長期平準定期保険の特徴は2つある。
1つめは保険期間が非常に長く、95年や100年で終身に近いこと。
2つめは、加入後一定期間たつと、中途解約した場合の返戻金(へんれいきん)が支払い済みの保険料を超えて(返戻率が100%超となり)それが長く続くことです。

このような保険を活用すれば、子供の教育費など出費がかさむ40代50代は死亡保障を目的に使い、60代以降には解約返戻金を得て老後資金に使うこともできそうです。



PageTop↑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。