保険





スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop↑






学資保険の比較のポイント
カテゴリ: 学資保険
子どもの教育費を確保するために加入する人が多い学資保険ですが、孫のために祖父母が加入するケースも少なくありません。
しかし、学資保険の加入条件は一般の保険と同じように年齢制限があります。

祖父母が学資保険を契約する場合、孫が小学校に入るのを待つのではなく、生まれた時から学資保険に加入するとよいでしょう。
ある程度の年齢になったなら、契約者を両親に変更するのです。

また、実際には契約者は両親であっても、実質的な支払いを祖父母がするケースもあります。
学資保険は貯蓄としての意味合いが強いのですが、保険ですから契約者の死亡などによって支払いができなくなっても、一時金などの教育費を確保することができる保険です。
この点が通常の保険と大きく異なるところになります。
病気や事故になった場合に、どのような保証をするかということよりも、子どもを育てるための費用を守ることが目的なのです。

学資保険を比較する場合のポイントですが、どのような点を注意しておけばよいかというと、一時金としていくらもらうことができるかということです。
子どもが病気になった時でも入院費などが支払われますが、これは誰も期待していません。
それよりも学費が必要となった年齢で祝い金をもらうことが大事なのです。

掛け金に対していくらの一時金化によってランキングが作られているケースが多いようなので、比較してみるとよいでしょう。
人気がある学資保険とは、金額が高いだけなのです。
保険としての保証内容はどの保険会社も大きな差はありません。
通常の貯金をするよりも学資保険の方が有利な場合も多くあります。



PageTop↑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。