保険





スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop↑






学資保険 保障型と貯蓄型
カテゴリ: 学資保険
学資保険を比較する時に、どの部分をポイントにするかは重要なことです。
大きく分けると、保障主体の学資保険と貯蓄重視の学資保険となります。

保障型は契約者が死亡したりして、掛け金を支払うことができなくなっても、その後の保障をしてくれる商品です。
つまり、親が死亡しても子どもの教育費は確保されるのです。
最近は親ではなく祖父母が孫のために学資保険に入るケースが多くなっていますが、それも同じことになります。
また、保障型では病気などでも保険金が支払われることになります。

それに対して貯蓄型は保障を抑えて、祝い金を多くしたものです。
10年以上の積み立てとなりますから、通常の貯金より高い利子を確保することができます。
また、貯蓄型の場合でも特約を付けることによって病気などの時に保険金が支払われるようにすることもできます。

満期金がいつ支払われるかということでも商品によって違いがあります。
教育費が必要となる高校入学、大学入学の時に一時金が支払われる商品が多くなっています。
一時金をもらわずに、貯蓄として継続することもできます。
最終的には22歳になった時点で学資保険は終了します。

孫がかわいいからと祖父母が学資保険の契約をすることも少なくありません。
相続税がかからないようにするための税金対策としても利用できるのです。
学資保険を賢く利用するためにはそれぞれの商品の違いを十分調べておくことが大切です。
その中から自分たち家族に合ったものを選ぶようにするとよいでしょう。



PageTop↑


トラックバック:
Pagetop↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。